ハイヤードライバーの業務の流れ

ハイヤードライバーとして仕事をする場合、事前にその流れを掴んでおくとスムーズに業務ができます。それぞれの会社によって業務内容は異なりますが、基本的な流れは同じであるため、初めての方は前もって確認しておくといいでしょう。ここではハイヤーの仕事とはどのようなものか、一般的な流れを紹介します。

まずは車のチェックからです。タクシーは流しの営業が基本的なスタイルになりますが、こちらは完全予約制です。さらに、利用するお客さんを、安心、安全に目的地まで送り届ける必要があります。そのためにも利用する車の状態を最高の状態にしておくことが大切です。点検は、外部はもちろんのこと車内もしっかりとチェックしなければいけません。ここでの点検は、細かい不備や汚れ、ホコリなど、様々な事項をチェックする必要があります。これは実際に車を利用するほとんどの方が、企業で一流のサービスを受けているからです。車を利用した際にサービスの不具合があると信頼を失い、その会社からの再依頼は難しくなります。信用を得るためにも、このような車のチェックは大切な行為と言えます。

次はサービスの開始ですが、会社から何かしらの指示があった場合、その場所に出向いてサービスを行います。これがタクシーと大きく異なる点でもあります。ハイヤーは流しの営業を行なっていない代わりに、会社側から業務命令かあれば指定の場所に行き、そこからお客さん乗せて目的地まで運転するのです。しかし、実際のサービスはそれぞれ会社によって異なるので、事前にしっかりとチェックしておく必要があります。ドライバーは目的地まで運転することが大切ですが、お客さんが目的地まで快適に過ごせるような環境作りも仕事のひとつになります。自分に課された使命を再度確認しておきましょう。

最後は業務終了後の行動です。会社から指示された通りの運転が終了した後は営業所に戻り、そこで洗車や車内の点検を実施します。ハイヤーは企業の社長や専務などを乗せるので、清潔さが大切です。小さな汚れでもサービスに影響を与えるので、汚れがないように確実に洗車や車内の点検を行う必要があります。そしてすべての業務が終わったら、営業日報を作成して退社します。以上が大まかな1日の流れになるので、ドライバーを目指している方は参考にしてみてください。何か不明な点や分からないことがあれば、就職したいハイヤー会社に連絡して確認しておくと安心です。